So-net無料ブログ作成
検索選択

住宅ローンの借り換えの金利比較の相談所

借り換えローンって何?

大きな買物をしたときにローンというのはとても便利です。

しかし、お得と考えてはいけません。

月々その品物よりも多い金額を払っているということをお忘れなく。

これが金利というものですが、数ヶ月で終わってしまうローンの場合は、金利に関してはあまり関心がありませんが、住宅や車といった長期間ローンを組むものについては、金利についてちょっと考えてみましょう。

数年ローンを支払っているうちに、安い金利のローンが組めるという話が転がってきたらどうします?

そちらに乗り換えたいという場合、借り換えローンをしたらいいのです。

ローンを乗り換えることを借り換えローンと言いますが、1%の金利差が数年も続けば、支払うローンの金額は全く変わってきます。

借り換えローンでお得に支払いを考えましょう。
sponsord link

ローンの借り換えとは?

ローンの借り換えというと、すぐに思い浮かぶのは住宅ローンです。

何しろ金額も高いことながら、返済年数が長いですから、少しでも返済が楽になるのならと、ローンの借り換えを行う方が増えています。

ローンを組まれるときに、一番気になるのが金利ですが、これが固定なのか変動なのかということです。

景気の動向はローンを組むときには想像はできませんし、その時に応じた金利の種類を選ぶわけですが、何年か返済をしているうちに、景気が変わってきます。

このときにローンの借り換えを考えると良いでしょう。

そのタイミングとしては、金融機関に予め放しておくと良い情報があるかも知れませんが、ご自分でも観察しておいてください。

一応はローンの借り換え前後での金利差は1%というのが目安となっているようです。
sponsord link

住宅ローンの借り換えについて

住宅ローンの借り換えをするということは、今まで組んでいる住宅ローンをやめて最初から組みなおすことです。

なぜ借り換えを考えるかというと、今のローンよりも有利なローンにするためです。

その住宅ローンを借り換えをする一つの目安として、借り換えの前後の金利差が1%以上ある、住宅ローンの残高が1000万円以上ある、返済期間が残り10年以上あるの三点が挙げられます。

何よりも住宅ローンの借り換えをして良かったと思えるような組み方をしないと、かえって大損をすることになりますから、慎重な検討が必要です。

住宅ローンの借り換えについては、勧められるままに行うことなく、自分でいろいろと調べて見ることが大事です。
sponsord link